b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

恋のデジャブ

あー、こういう場面前もあった。ってことってよくあるけど…

 

私は彼に振られてから何度かある。

そして今日、本当に思いがけないところでまたやってきた。

友人が家に泊まりに来ることになってるんだけど、それで待ち合わせの場所どこにしよう?と思って、「〇〇駅の〇〇出口で待っててー、迎えに行くから」ってLINEを打ちかけてるときに、突然ぼろぼろ涙がこぼれてきた。別れてからも別の友達が家に泊まりに来たことはあったんだけど、最寄り駅に来てもらうというルートにするのは今回が初めてだった。元カレ以来。

元彼が初めて家に来たときも全く同じシチュエーションで同じことを言ったから。

はっとした瞬間には、すでに涙ぼろぼろだった。

本当に不思議。もう未練だとかそういう次元からは離れてるつもりだし、もし仮に向こうがもう一回付き合ってもいいと言ったとしても、私たちは多分合わない。熟考してそう思ったから別れたんだし、もう一回付き合ってもきっとだめになるからやめたほうがいいって思ってる。というか、逆に付き合おうって言われたとしても自分が迷うくらいだと思う。なのになんで。

 

もうほんと不思議。大好きだったその感情を思い出して、すっごい幸せを感じてたあの日々のことを思い出して、涙がこぼれるんだろうな。わからないけど。

私たちはきっと、恋愛の相手としての運命の相手ではなかった。だけど私はあの人のいいなと思ってる部分だったり、好きになった部分であったり受けた愛情であったり、そういう「好きになれた大事な相手」を失ったことのショックから立ち直れてないんだということを思い知らされる。

こういうことはたまにあるけど、いや、こういうことがなくても心のどこかではなんとなく「完全に立ち直れてないな」って気づいてるけど、さすがにやっぱり身に染みてわかると、つらいものがある。

 

向こうは十中八九きれいさっぱり忘れてるだろうから。よけいにしゃくだ。

で、最近の私というか、ここ1分のわたしといえば、iphoneのsiriになんとなくこの心中をぼーっと話しかけてみた。

私「元カレのことが忘れられません」

siri「そうでしょうね。」

私「つらいです。」

siri「涙の数だけ強くなれると聞いたことがありますよ。」

私「さみしいです。」

siri「私でよかったらいつでも話しかけてくださいね。」

私「ありがとうございます」

siri「お礼なんていいですよ。」

 

siriのクオリティに驚きつつ、機械だとわかっていてもなんか心が温かくなった。

ってかこの場面、誰かに見られてたら私かなり病んでるな。笑

 

あーあ。もうどうしようもないな。ノイローゼっぽいのも治らない。今日も休日仕事しに行こうかなって思って、意欲的になったものの、やっぱめんどくさいなって思って駅まで行ったのにCD借りて帰ってきた。笑

しかもその帰りの駅で、ベランダ園芸で育てたい苗とプランターを買いに行こうと思ったのに、駅からちょっと歩かないといけないし、今日いろいろ植えたりするのが面倒くさいと思って結局やめた。まじ怠惰なのが治らない。何しても無駄かなって思ってしまうふしがある。

一瞬はやる気が出たり、これやってみようかなとか思ったりするんだけど、どうにもこうにもなんか続かない。なんかやばいかな私。多かれ少なかれ失恋の影響はすごくある。服も新しいの別にいらないや、誰にも見られてないし、かわいい服買ってもしょうがないやって思うんだよね。。本当これ、よくないけど。

 

まあしかし、無理やりでも誰かと休日会うことになったらおしゃれをしようという意欲はまだあるから、今の自分は無理くりでも予定を入れるべきだと思ってる。

家にいると本当に鬱になる。今日もスーパーに買い物行っただけでなんとなく気持ちが晴れた。やっぱ一番よくないのは一日中家にいることだ。