b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

明日もいつも通りに

 

夢の中のまっすぐな道

夢の中のまっすぐな道

 

 いつぞやの記事に引き続き、またaikoネタで恐縮ですが…

恋愛体質な女子にとってaikoは欠かせない存在の人は多いのではと思います。

 

私も高校・大学と、わりとaikoジャンキーでした。そして今も、ことあるごとにaiko先生にお世話になっている私なのです。でも、itunesのデータが飛んでしまったこともあって、聞きたい曲が失恋後にすぐ聞けなくて、しばらく遠ざかっていました。

今日TSUTAYAaikoの「時のシルエット」が借りたくて行ったのですが(前回紹介した「aka」が聴きたかったので)、そこでもうひとつ、この「夢の中のまっすぐな道」が目に留まったのです。

このCDは中期くらいのもので、私が好きなアルバムのひとつだった。私が16歳のときに発売されたアルバムで、実は当時もこのアルバムは好きだったものの、その中で好きな曲はほかにあって、「明日もいつも通りに」っていう曲にそこまで思い入れがなかった。

「明日もいつも通りに」は失恋の曲なんだけど、まだ高1とかだったので、今のように深くだれかと付き合ったりそこまで恋愛で苦しい思いをする前だったから、この気持ちにはあまり共感できなかったんだろうな。(どちらかというと片思いとかの曲のほうが共感できた。「かばん」にハマってたのはよく覚えてる。)

それからもう10年経ったなんて信じられない。ほんとに信じられないというかショックだわ。そりゃあこの歌詞の意味も分かるようになってるわけだ。笑

ってのはおいといて、とにかく、当時はそこまで思い入れがなかった「明日もいつも通りに」がツボすぎて今エンドレスリピートしている。

 

 

だけど一生想うだろう本当は大好きなの

キスする感覚を忘れても

 

 

のところがもう。。

最後にキスした時からどれだけ時が経ったかもうわからないくらい。でも日常感があふれてることだったんだよね、キスする感覚って。もうはるか昔に忘れてしまった気がする。この曲はAメロ・Bメロの歌詞もリアルな日常の描写があって、この表現がまたたまらないんです。

 

明日仕事なのに、もう片付けも終わらせないとだめなのに、ずっとこれを書きながら「明日もいつも通りに」をきいている私。

aikoってやっぱりすごすぎると感じたと同時に、この曲が深くしみるようになった自分、成長したのかな。なんつって。