b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

ナンパされた相手と恋愛に発展する可能性。

こんにちは。二軍ラジオの感想記事以外では、ご無沙汰してました。

 

枯れてる女子のみなさん、ナンパってどういう印象ですか?

相手がどんなに怪しくて不細工で変な人であろうと、結構イケメンであろうと、一度は知らない人に声をかけられた経験ならあるわ、という人が大半ではないでしょうか。

ちなみに私が今まで経験したナンパで、この人はマトモそうだとか、この人なら正直アリかなって思うような、いわゆる「タイプ」と思う容貌の人は一人もいませんでした。自分の統計で行くと、声をかけられた場所はいちばん多いのは路上。普通に歩いてるときです。やっぱりこれが大半ではないでしょうか。これ以外で見たことあるのは、電車の中で突然、連絡先のメモを渡されていた美人の友達がいました。けど、これは本人にしたらすごく怖いですよね。

ただ、ナンパで出会った彼氏と結婚しましたという話ももちろんゼロではないわけで、実際私の知り合いも、ナンパされた人と結婚したという子がいます。

とはいえ、私のこれまでの数十年の歴史を振り返ってみたら、とにかくナンパに関してはただ面倒あるいは時に怖いだけで、本気で出会いにつながるナンパなんて私は1パーセント未満だと思っていました。つまり、ナンパに対する警戒心こそあったものの、期待なんて一ミリもなく、もちろん今までナンパについていったことなど一度もありませんでした。

 

っていうのが前置きで、そんな私がナンパらしきものを受け、初めて連絡先まで交換した場所が「海」でした。

上にあげた日常的なナンパの機会なんて、大体は路上くらいしかないものですが、例外的に「このほか、非日常的な場所」で割とナンパされやすいスポットがあるというのも事実だと思います。たとえばクラブとかバーとか。

あくまでも日常の延長の「路上」とかじゃなくて、こういう「声をかけられても変じゃない場所」までくると、意外とナンパの成功率もあがってくるというのが不思議とある気がする。なぜなら、女子側もある程度「そういうことがあるかも」という予想ができるから。

 私が声をかけられた「海」にしてもそう。まあ、もちろん海に行ったら普通の容姿の人でもかなりの確率で声をかけられる。かわいい子なら、もっと声をかけられる。そんな感じですよね海って。

たとえ同じ人が同じ人に声をかけたとしても、買い物してて突然声をかけるのと、海で声をかけるのだったら、全く同じ人でも海のほうが格段に成功率が上がると思う。どんなにタイプでも、買い物中にナンパされるというのは極めて少数派であり、なかば空気を読んでいない行動に思えて警戒する人がほとんどじゃないかな。逆に、海は暗黙の了解みたいな感じでナンパが行われる場所だし、ハードルが下がってるんだと思う。だから、声をかけられてもそれほど驚かないし、程度の差はあれ、ほんの少々それに期待している女子もいるような気がする。

 

でも私はナンパは基本的に受け入れたくない派で、それは100人に声かけられたら、まともに付き合うことを視野に入れられるのは5人くらいしかいないと思ってるからです。それに、中にはめんどくさいこともありそうだし、基本的にナンパするような典型的なパターンの人が得意じゃないから。

じゃあ、私はなぜこれを分かっていながら女友達だけで海に行ったかというと、比較的きれいな海に行って泳ぎたいという願望があったからです。ただ、ナンパされるかもしれないから気を付けよう、とは思っていたのでした。

 

で、案の定海行ったら、近くの男の子たちに声をかけられるわけですが。

でも、友達も私も前述のような「いわゆるチャラすぎる人たち」と判断できるような風貌の人が多すぎて、やっぱりついてはいかないよな、と思いながら過ごしていました。

そしたら、そんな中で意外と普通っぽい(というか、明らかに遊んでそうな人たちじゃなくて、自分のいるコミュニティにいそうな人たち)人たちに声をかけられて、一緒に遊ぶことになった。向こうも男の子だけのグループ、こっちも女の子だけのグループで、視線は感じていたけど割とナチュラルに誘われた。

泳ぐの飽きたらバレーボールしません?的な感じで。ナチュラルではないかもしんないし、定番すぎるかもしれませんが。笑

 

でもまあ、そんなに嫌な感じもしなかったし、普通についていき、何歳かとか、どこに住んでるのかとかそういう世間話で盛り上がって、そのあとでバイバイしました。

一応連絡先を聞かれて、そのグループの中のうち一人とはかろうじてまだ続いてるけど、そのうちフェードアウトになるんだろうなという気はします。

あと思うのは、彼女がいても海でナンパする人はいる。でも、彼女のほかにセカンドになる人を本気で探してるっていうよりは、ノリだったり、そのときその場で楽しかったらいいかなっていう、そういう感じだと思う。だし、ナンパしてきて連絡先聞いてくる人の中で「アリかも」と思った人がいても、実は彼女がいるんじゃないかと一度は思ったほうがいいのかもしれない。

 

 

二軍ラジオでもこんな話あったような気がするけど、やっぱりナンパで出会ったカップルって、もし喧嘩とかしたり、ちょっとうまくいかなくなった時に、「こいつはどうせ軽い気持ちでナンパする男だから」とか「こいつはナンパに軽くついていく女だから」っていう風な疑いの気持ちは、どこかで持ってしまうだろうね。

それにナンパって、結婚相手を探してるような人からしたら、どちらかというと不真面目でマイナスイメージだから、それをプラスにもっていかせるほどの運命的な何かとか、そういうのを女子は求めがちだと思った。

少なくとも私としてはあまり理想的な出会い方ではないんだけど、運がよくて、割と良い出会いをする場合っていうのも30人に1人くらいはあるかもしれません。婚活サイトの打と似てるかもしれない。それよりもうちょい低いくらいかもしれないけど、ナシだなっていう人が多ければ、たまーーにアリじゃない?っていう人もいるくらいの。

 

って感じで、マイナス面大きいように思える書き方をしましたが、夏の海ってなんだかんだ楽しいと思った。バーベキューとか海に入るのも楽しいし、本当に純粋にその場の空気を楽しむだけでも、いい思い出にはなるよね。

だから、海もいいもんだけど、そのあとの身の振り方についてはよく考えたほうがいいのかもねって。そういう結論でいきたいと思う。