b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

お見合いパーティー2回目の感想。

 いつ書こうか迷っていたのですが、前回苦い思いをしたにもかかわらず、実は先日、もう一度友達とお見合いパーティーに行ってきました。

前回のお見合いパーティーの感想はこちら↓

 

 

 

言っては失礼だけど、前回参加したオミパは、人数が多かったこともあって「恋愛対象としてではなく、友達としてでも、いやだ…」と思うような、多くの人にちょっと難ありだと思われてそうな人も数名いました。その時の反省もふまえて、別の会社の、少人数で個室のパーティーに参加してみた。

 

今回はどうだったかというと、参加男性7人のうち全員、自分の好みかどうかは置いといて、変な人はいませんでした。

同僚としてこの人が存在したらちょっとやだな、という程度の「好きじゃないタイプ」の人はいたけど、7人中4人くらいは、友達としてなら全然ありだな、と思った。

 

が、、別にテンション上がったかといわれると、そういうわけではなく。

今回思ったんだけど、私のことをよく知る高校時代の友達が最近私に放った言葉の意味がなんとなくわかったような気がした。

 

「んーー、でも、〇〇(私)って、面食いでしょ??」

 

正直、それを言われたときは少々驚いた。自分で自覚がなかったというのも変な話だけど、私は「容姿にはあまりこだわらないほうだ」と思っていた。でも、意外とそうじゃないのかな、と気づき始めた。

ただ言えるのは、私は別に特段イケメンを好んでるわけではない。けど、好きな見た目と苦手な見た目というのは、確かに人よりもはっきりしている気がする。もしかしたら一般的な女子より高望みしているのかも。お見合いパーティーでも、入ってきたとたんに「見た目はナシかな」と思ってしまった人は7人中6人だった。顔立ちのことももちろんそうだけど、私は細身の人が好きなんだなと改めて思うこの頃。身長を重視する女子は多いけれど、体系のほうが気になる。

 

で、その中で一人だけ、見た目もまあまあ私の好みの体系に近く、喋ってる時のノリもまあまあ良くて、この人なら名前書こうかなと思った人がいた。でも私はそのとき、あんとなく、こう思った。

 

あー、でも、この男は、私のことはナシなんだろうな。なんか、わかる。

 

と。さすがに私でも空気は読みました。笑 ノリはいいんだけど、私に対する好意オーラは感じられなかった。それと同時に、確かにこの中では一番この人がいいような気がするけど、すべての会話が気持ちよく噛み合ったわけでもなかったので、この人と私は相性が合わないような気もする、と、なんとなく思った。

だから、この人とカップル成立すればいいのになーー、なんてことは、あまり思わなかった。他にもいい人はいなかったし、もう、どっちでもいいやと。

 

ということで、死んだような眼をして中間投票カードを係員のお姉さんから受け取りました。有り難いことに、3人からカードをもらいましたが、案の定、さきほどの男は私の番号を書きませんでしたww

あー、前と同じパターン。。って思ってもう帰る気満々で用意していたら、なぜだかわからないのですが、最終投票の時にその人は私の番号を書いたらしく、カップル成立していた。

 

 

でも、ちょっと嫌だったのが、カップリングした後、なんかほんっとーーに反応が薄くて、「よかったら、連絡先、交換しませんか?」って私が言って連絡先を交換したものの「あ、はあ…」的な、やる気ない感じだった。回転寿司でしゃべってる時のノリの良さと全然違ったので、この人、書く番号を間違えちゃったのかなと思った。

で、これもまた案の定、そのあと、その人から連絡はきません。たぶん連絡したくないんだろうなっていうのが一応空気読めてる(つもりだ)から、私も連絡しないけど。

 

 

でも、それがなぜだったのかはやはり少しは気になる。

さっき、番号を間違えた?って言ったけど、それも、可能性として低い気がする。なぜならばその人は私と話している最中に、私に聞きながらメモをしていたのを見てるから。そこで番号を書き間違ったかどうかはわからないけど、1番から始まって途中で番号が飛んだりもしてないので、そういう意味でも間違いの可能性は低そう。

高いお金払ってるから、誰ともカップリングしないで帰るのはもったいないと思って血迷って書いてしまったのかな。けど最後の反応がなんか微妙すぎて、そんなに私に引いたなら番号書かなきゃいいじゃんwwと思った。ほんと傷つくわ。。笑。

もしくは、ほかに第1希望の人がいたけどその人とはカップリングできなくて、私は第3希望とかだったのかも。で、あとからよくよく考えたら「この女、タイプじゃないのに俺なんで番号書いちゃったんだろう」って思ったのかなーと。

がしかし、私が思うに、彼は今回の7人の中では見た目は一番良かったし、話もそこそこ上手いので、この会場で一番人気だったのではなかろうか?と思った。第1希望の女性がいたとしたら、その女性もおそらくこの男の番号を書いているんじゃないかなと私は思ったので、その仮説も腑に落ちない部分はある。

まあ、真相はわかりませんが。もしかしたら第1希望の女性は私の友人だったのかもしれません。まあ、、だとしたら少々気まずいけど。

 

 

あと、良かった点(よくもないんだけど)も少しは振り返っておく。 

これは前回からの教訓なんだけど、「恋愛対象としてアリかも」と思わなかった人の番号は、いくら友達としてはアリでも、書かないことに決めていた。当たり前かもしれないけど。

「いや、間口は広く開けておいたほうがいいんじゃない?」っていう考えが、一般的だとは思うけど。私は、たぶん最初に「恋愛は、ないな。」と思ってしまった人って、後で印象が変わることは少ないと思った。

 

その考えがもし変わるときがくるなら、それはそれでいい。

でも、今はこの姿勢で臨みたいと思う。

 

 

それからあともうひとつ、前回の反省をふまえて、今回決めていたことがあった。

人としてどうかと思われるかもしれないけど、お見合いパーティーでは、どの人にも平等に同じ笑顔で対応をするのはやめようと。

私は元サービス業なのでそういう癖があって、別にタイプとかタイプじゃないとか関係なく、会話の中では表情を結構出しながら、笑顔で話していた。だから前回、タイプじゃない人全員から指名されてしまったのかもしれない。

タイプではないな。と最初に思ってしまっても、もちろん最低限のマナーとして、失礼な態度をとらないように質問や会話は続ける。けど、なるべく「あなたに興味がありますよ」っていう態度とか好意的な態度と取られてもおかしくない笑顔は出さない。

お客さんはみんな平等だから、私も会話で笑顔を無意識に出してしまう。でも、ここではそれはふさわしくない。自分が最低な人間になった気がするけど、こっちが「ないな」と思っている相手に変に気を持たせてもお互いメリットは特にないので、そのほうがいいのかなと。

だから今回、失礼ながらこの人はないかな…と思ってしまった相手に対して、ちょっと薄めの反応をしてしまったかもしれない。ごめんなさい。人としては、あなたはとてもいい人だと思います。

 

 だからなのかどうかわからないけど、今回私が恋愛対象ではないかもと判断した2名の人からは、中間カードで指名はされませんでした。変な言い方かもしれないけど、たくさんの人から指名されなくていいから、自分がいいと思っている人からのカードが1枚届けば、それが一番理想的な形だと思うし、ある意味コミュニケーションがうまくなっているとも取れる気がして。

 

あとは、異性と話をすることによって、少しだけだけど、元気になれるときもある。

そういう場を提供してくれたことには感謝かな。

前向きキャンペーン続行中です。笑

 

 

 まあ、ということで、今回は何も収穫や出会いなしでしたが、水に流して、何もしないよりはやってみようプロジェクト2015年の瀬。また続けます。