b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

pairsでマッチングした人と会ってきた。3人目

はい、怒涛の面接をこなしています。

今回会ってきたのは、高橋さん(仮)。
 
正直この人については、メッセージの時点からなんかこの人ちょっと違うなあ…っていう違和感がとてもあった。チャラいんだか、ノリが自分と違うんだか、うまく言えないけどなんか、なにかが違った。
 
でも、特に決定的に引くようなことがあったり、度を超えて変だと思うことや、非常識じゃねーかと思うことがあったわけでもなかったし、拒否する理由も見当たらないので面接の誘いを受けることにした。
会いたいと思うほどピンとこなくても、会った時とメッセージの印象違うかもしれないし。
 
でもやっぱり会ってみて思った。
 
大体、最初のほうでピンとこないなと思った直感は正しいかな。。と。
 
もちろん、失礼な人でもないしちゃんとした人だし、友達なら憎めないタイプだったんだけど、やっぱり全然異性として恋愛感情はこれからも持てないと思った。でもこの人に合う人はきっと他にいるだろうし頑張ってほしい。
あと、高橋さんが女性に慣れてないのはよくわかった。もちろん、それがマイナスだったとか悪いってわけじゃないけど。とにかく私とは合わないなっていうのが面接開始後10分くらいですでによく分かった。でもそこで態度悪くするわけにもいかないし、私が高橋さんに対する好意があると誤解されない程度の態度をとった。
 
いつも思うけど、それって結構難しい。とりあえず嫌な態度もできないし疲れる。
 
まあ恋愛は無いなあ…でも嫌な人とかじゃないからこっちも悪い対応はしたくないし、できないしって思ってた。
私が最初に面接してそのままFOになった吉田さん(仮)も私に対してこんな気持ちだったのだろうか。とても気の毒でした。大変お疲れ様でございました。。
 
 
でも、よく婚活の面接レポをブログ等で載せている方のものを見ると、中には「好みじゃなかった」とかそういうことじゃなくて、もっとありえない対応されてる方も多いみたいなので、私もそういう地雷引かないとは限らないと思って警戒してる。
そういう意味では、今回の人も全然常識的な対応だったし、幸いにして今まで私が面接した人の中で逆切れしたり、あからさまにヤリ目な行動をとる人はいなかった。でも、それは運がいいだけだと思ってる。中にはもっと変な人もまじってるような気がする。
まあ、ある意味そんな怖い思いをするリスクを背負ってやってるわけですが、地雷に当たる前に婚活やめたいです。。笑
 
 
 
で、今回の高橋さんは私に対して悪い風には思わなかったようだった。こういうときに限って相手はわりと積極的に来てくれるのよね。本当このパターンばっかり。相手と自分の気持ちが一致したらいいのにっていつも思ってる。
 
本当に、どうしたら察してくれるだろうと思って、あまり恋愛と関係ない雑談を振ろうとしてたけど、不意に途切れたときに、次の約束めいた話にしたがっているのがわかったから、ごまかせないなあと思った。
 
「忙しいから、しばらくはちょっと無理です」とか「会える時ににはまた連絡しようと思います」とか言っても、じゃあいつ会える?的なことをしつこく言ってくる人があんまり好きじゃない。そのひと押しは、正直いらない。。
正論でいえば私がハッキリ断らないのが悪いし、空気読んでほしいなんて、そんなのただのこっちの我が儘にすぎない。でも、逆に言えばそこで空気読んで引いてくれる人は好感度が高い。逆に言えば、そういう人ならもともと自分の好きなタイプなのかもしれないけど。
 
 
 
うん、難しいね。。