b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

好きな人とお別れして少し時間が経ったら「Sunny Day」を聴いてみて。

いつ書こうかなあと思っていたけど、個人的に、失恋ソングとかそういう枠を超えて大好きな曲があります。

 

 

きっとほとんどの方が知らないと思う。

逆に「知ってるよ私もそれ好き」っていう人がいたらすごい感動しますが。

このアルバムの最後に収録されている「Sunny Day」という曲です。  

コミカルライフ

コミカルライフ

 

 

 

大切な人に出会って、そのたびに心がぎゅっとなって、その繰り返しで歩く日々。

二度とすれ違うことはないことは私たちはわかってる。

だけど時々、その人も同じ空をみて生きているのかな、なんて心に浮かんだり、ふとした時にその人に関連するものを見てはちょっと思い出して、再び何もなかったかのように元の生活に戻る。

 

不変のものなど何もなくて、変わり続ける毎日のなかで、やがて忘れていくかもしれない。その人がどんな顔でどんな目をしていたか、どんな声だったか、人の記憶は危ういから、明日は今日より、1年後はそれよりもっともっと、思い出せなくなるかも。

 

でも、やっぱり心の中をぎゅっとつかまれる、「何だか大切な誰かがいた」という強い記憶だけがふとよみがえるときって、あるよね。

 

 

幸せなことではないかもしれないけど、でも決してそれは不幸なことでもなくて。

 

はかなくて切なくてもろくて、それから少し美しい。

 

そういう想いに出会えた経験がきっと、今の自分を作っている。

ただただ単に悲しいとは思わなくなった。この曲を初めて聞いたときは、わたしはもちろんこの曲が大好きになったけど、でも、悲しい曲だと思った。せつない曲だと思った。確かにそうだ。

 

でも、改めて月日がたってこの曲をきいてみると、暗い曲だと思わなかった。

 

 

 

きっと好きな人を象徴しているだろう「雨」や「傘」の存在が出てくる。でも、タイトルがあえて「Sunny Day」になっている。

たぶん終わりの始まりを意味している。

 

 

会いたい人がいて、会えない人がいる。

それはたぶん素敵なことだと思う。