b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

眠れない夜に書く話。

私は負けず嫌いだと思う。

 

 

だから、何かうまくいかないことに対して「まあいっか」じゃなく、やるならとことんやりたい。どうせやるなら1位を取りたい。どうせやるなら大きな大会に進みたい。どうせやるならあの人に負けたくない、一番入りたかった会社に入りたい。

ある意味、個人差はあれど努力次第でそれに近いことは達成できることばかり。

 

 

だけど、婚活はそれとは違って、努力次第でなんとかならないこともあるかもしれないのです。

おそらく、「私が人に比べて劣っているもの、欠けているもの、苦手なこと」が、たまたま「異性にモテる要素」なのだと思います。その、私が劣っていることはいくつか分析していて、まず根がネガティブで相手を楽しませてあげられていないかもしれないこと、会話の中で時々地味に地雷を踏んでいたり、気の利かない行動や発言があったりすること、男性をうまく立ててあげられないこと、女性的な色気がない、など思い当たることはたくさんある。

 

「この子は正直彼氏には会わせたくない」って思うような子っていますよね。

私自身、とても幸せなことに、同性の私から見ても魅力的な女性の友達が多いので、婚活でなくてもそう思ったことが今までも何度もあって。私の場合、友達の半分くらいはそういう子(かなりモテるし人間的にも魅力がすごくある子)だなと思う。

 

だからといって自分が破滅的にダメなのかと聞かれるとそうでもなく、自分を過度に卑下しているわけではない。容姿はたぶん普通くらいで、世間一般的くらいのコミュニケーション能力はあるかもしれない。けど、婚活女子でもかなりコミュ力が高くて引き出しが多く、その上にすごく美人だなと思う素敵な人は今まで何人も見てきた。だし、冷静に考えたらその人たちに負けて当たり前だと思う。

もちろん好みは人それぞれとは言うものの、世間的にも人気がある女性は、そういう「この人素敵だなと思う男性」からも確実にモテてます。

 

 

じゃあ果たしてその人たちよりも話がうまくなって、ユーモアも入れながら気配りもできて、行動もスマートになって、もっともっとキレイになって、男性に好かれる要素をちょいちょい取り入れて、ってなったら自分の好きな人からモテるのか?と言われたら、そのために努力をしている自分がとてもむなしくなるときがあります。

 

 

努力もせずに愛してもらいたいなんて甘すぎる、と思われるかもしれないけど、この1年、婚活を休みながらも時々やっていて、その間(自分なりの)努力はしたつもりでした。でも、それとは裏腹に、パーティーに行ってみてもマッチングアプリをやってみても、結果はよくなるどころか、むしろどんどん悪くなっていっていると思った。

もちろん、婚活でも「努力したらうまくいくこと」もあるかもしれない。でも、それは性格やその人の昔からの特徴や癖や習慣にも関係があることなので、それがモテない要素だとしたら一朝一夕で簡単に変えられるものじゃないと私は最近思ってます。いや、できるかもしれないけど、人の性格の魅力って、勉強や球技のように、時間さえかければ必ずしも磨かれるものではない。これさえやればっていう問題集や練習メニューが明確にわかるものではない。自分を180度変えるつもり、くらいの気持ちで相当な努力しなきゃ、無理な気がしている。そんなこの頃。 

 

魅力的な同性の子を見て、ああこの人は、いつからこういう魅力的な子だったんだろう?私が今まで怠けてきたそういう努力をいつしていたんだろう?私がひたすらぼーっとしていた幼少のころから小中学校くらいかしら?そのときにこういう気の利く性格が形成されたのかしら?なんて、思ったりする。私は今は努力してるかもしれないけど、今までの人生の中で怠けすぎてきた分の借金が返せてないのかも、とか。

 

 

 

なんて…わけのわからないことを書いてきましたが。

とにかく、どうやって自分に自信をもっていいかわかりません。

 

 

 

 

もう負けるのがこわいです。

 

 

 

これ以上、断られるのがこわいです。

 

 

 

 

 

 

自分が行きたかった会社に振られ続けるのはそこまで怖くない。

 

でも、これ以上、おまえなんかいらないって異性から切られるのは、

こわいです。

 

 

 

 

恋愛でショックを受けたら、すぐにこういうことを思うのもメンヘラっぽくて男性に嫌われる要素の一つなのかもしれない。今までも何度もそう思ってきた。

大人だからちゃんと顔には出さないようにしてきたけど(もしかしたらかすかに出ていたかもしれないけど)、ほかの人の前ではそんなそぶりは見せないようにしてきた。大人だから、そのくらいはできる。この文章を見たらコイツやばいと思われるかもしれないけど、メンヘラだとしてもちゃんと人を傷つけないために頑張ってこらえることはできる。

でも、こらえて、ためていた思いを吐き出す相手なんかいないし、どうしても感情的な面は抑えることができない。だってショックなものはショックなんだもの。そういう人間なんだもの。だからここに書かずにはいられない。吐き出したい。吐き出さなきゃ、ストレスで死んでしまいそう。

だのに最近言葉が円滑に出てこないし、ここでも書きたいことがたくさんあったのに、うまく言葉にならなくて、ああでもないこうでもないってなる。

 

 

 

なに甘いこと言ってるんだ、誰もがふられるリスクを抱えて生きてるんだからそれを覚悟しなきゃ幸せにはなれないんだよ、って言われるかもしれない。

 

この一年間もっとすさまじい傷つき方した人なんかたくさんいるよ、と言われるかもしれない。わかってる。でも、もうそろそろ負けの試合に行くのがしんどくなってきた。でも、完全に恋愛や結婚をあきらめたわけじゃない。

だけど一方で、時間はない。だからめちゃくちゃ全力で焦ってる。やっぱり周りが幸せそうに見えると、今自分が一番気にしていることだけに、胸がざわざわしてしまいます。

 

 

 

 

友達に誘われたからパーティーに行ってみたのが悪かった。

ほんとうに、今は断ればよかった。

 

人は人、自分は自分ってわかっているのにね。

恋愛の周りで渦巻いている嫉妬や焦りの感情ってすごく、溝が深い。

 

私の心の弱いところをがんがん刺激してきます。

 

 

すごく久しぶりの更新になり、本当はもっともっと書きたいことがたくさんあったのだけど、ただの愚痴になってしまいました。