b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

地元を離れて都会に暮らす独身女が思うこと。その3~GW帰省編~

こんばんは。

GWも終わってしまいますね。

 

私はこの土日はすでに仕事の香りがする通常営業の土日でしたが、まだほんの少しGWの余韻を味わっており、エモい(って言葉を使ってみたけど若者っぽくてしっくりこない)記事を書こうとしてます。

 

以前同じタイトルの記事を読んでくださった方にしてみたら「そのトピックまだ終わってなかったんかい!」って感じですけど、結論が出ない限り続けます。笑

前の記事なんて見たことがなくてもタイトルでお察しかもしれませんが、私は地方出身者で、大学時代に出てきて以来ずっと暮らしているここ都会に根っこが生えてしまったアラサーです。

 

www.bittersweet-now.net

  

www.bittersweet-now.net

 

 

すでにタイトルでお察しかとは思いますが、GW、地元に帰省しました。

 

その1、その2で書いた通り、これから地元に帰るかを含め、私は今から一体どこでどうやって生きていくのか、どうしたいのか、ということを本当に迷っています。

 

前から迷っている迷っているとは言っていたし、漠然と「どうしよう」という思いはあったけど、夏くらいまでに今の仕事を辞めるつもりだから身の振り方を現実的に検討しなくてはならない、という事情が大きな理由かと。

 

最近、もしかしたら私は「地元に帰る」寄りの考えになってきているのかもしれないとうすうす感じている。

よく言いますよね。「〇〇しようか迷っているんだけど、どうしよう」って悩んでいて人に相談しているときは大体、心の中ではそれをやるほうに8割がた傾いていると。私も今はそう。「もしできれば帰ろうかな、私たぶん帰ったほうがいいな」と思ってるんじゃないかなって。

今回帰省したとき、ここでは絶対に見ることができないとても綺麗な夕焼けを見た。

 

なんか変な話だけど、あ・・・帰ろうかな。って、そのとき思ったんです。

 

 

地元も悪くないかなって。自然もあるし、空気も水もおいしいし、食べ物も。

別に何も田舎を毛嫌いしてるわけじゃない。地元に何か恨みがあるわけでもない。そういう面から言えば、私は別にここに戻ってきてもいいかなと思った。

 

 

ただし、一筋縄ではいかなくて。気持ち的には「(今は)帰りたくない」と思う面も結構あることは明らかで。その理由は前回の記事で書いた通りなのでいまは詳しく書きませんが、とにかく気持ちの面では私はまだあまり気が進まないんだろうなということも、なんとなく自分で気づいている。

メリットもデメリットもどっちもあって、前回書いた通り、どっちも両方を取ることはできない。「あんたが帰ってくるならこの家建て替えするけどね。でもそうじゃないなら、ここはもう、誰も住まなくなるんだね」と両親が先日言っていた。

つらかった。実家がなくなってしまうのは、本当にやるせない。つらい。

 

別にプレッシャーかけようと思ってそんなこと言われたわけじゃないのはわかってたけど、これ以外にも響く出来事はたくさんあり。

大学の時も、社会人数年目のときもまだあまり考えていなかったけど、「親のことを置き去りにするわけにはいかない」という気持ちがぐんぐん出てくるわけなんです。それに、地元に帰って家族と一緒に過ごすとやはり家族の尊さというものを思い知らされます。

一人の家に帰ってきて虚しくなることなど、20代前半のときは絶対になかった。

 

ところが今は、私は何が楽しくて毎日こんなところで一人でやってんだろうか、っていうくらいの気持ちになっている。「一人暮らし」と「誰かと暮らしている」の精神的な安定度は違うなと思い知らされています。

 

「うちは家庭の雰囲気が悪いので逆に家族といるのはストレス」という人もいるかもしれませんし、一人でいるほうが好きな人もいる、と思われるかもしれません。それに、一人暮らしの解放感とかそういうのものもあるので、完全にどっちが圧勝とかそういうことを言いたいわけではないのですが。

でも、久しぶりに実家に帰って、誰かと一緒にいるという圧倒的な安心感や安らぎというものを味わってしまって、帰ってから泣いてしまいました。

今の暮らしが少々ストレスフルだから、というのもあるかもしれない。現状に満足していないから余計に家族から離れて一人になったことに対する虚しさを感じたのかも。

 

 

それでもなお、煮え切らない気持ちは何なんだろう?とこの土日でまた考えました。

今、仕事辞めるならこれを機に地元に戻ることもできる。でも。

 

 

たぶん、私は今帰ったら後悔の念がズルズル残る気がする。

私は、まだここでやりたいことがある。

 

まだ、仕事でこれをやったという実感を得ていない。もっといろんなものを見てみたい。いろんな世界を知ってみたい。

 

私、ここで何もできていないまま帰ってしまうのはいやだ。

 

 

 

じゃあ、地元では新しい世界を知れないのか?何も挑戦できないのか?それは変じゃないか?気持ちの持ちようじゃないのか?

そういう反論があると思う。

 

確かに、別にここでなくてはいけない絶対の理由があるわけではない(し、なんとなく理由はある気がするけどうまく言葉にできない)。その場所その場所で自分のやりたいことをやろうとすることも必要だと思う。確かにそれはその通り。

 

じゃあ、やりたいことって具体的に何さ?って親に言われた。

ここで「私はどうしても東京にある〇〇ってお店があって、そこに修行に行くことにしたのよお父さん、どうしてもここでやりたいの」とか、そういった具体的かつ建設的な話があればよかったんだけど、別にそんなものは何もない。前から言ってますが、こっちに結婚の約束した人がいるわけでも彼氏がいるわけでもありません。

 

自分でも書いてておかしくなるけど、そういう超具体的な理由があるわけじゃない。

 

もちろんやりたいことはいくつかあるし、できればこの会社に入りたいというところも一応ある。でも必ずしも叶えられることではないし、いずれもボヤっとしすぎていて、現実味を帯びたものとは言いにくい。

 

 

でも、本当に笑っちゃうけど、まだ帰りたくないんです。

 

地元に帰って、ああここ居心地がいいかもって、

今までより強く強く思ったにもかかわらず。

 

「よくわかんないけど、なんかやりたいんです」とか、まるで高校生みたい。

私も18歳だったら「まあやってみれば?」って言われてたかな?

 

 

でもね、いったい、今いくつだと思ってんのよ。

ねえ、18歳のときから10年も経ったんだよ?でも中身は、高校の時のあんたとほとんど同じなんだからさ。

 

 

10年たってもまだ子供みたいにここにいてさ、

「やりたいこと?よくわかりません」って言ってるの、知ってた?

 

 

 

 

笑っちゃうよね。