b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

いとしさを超えて 悲しみを捨てて 新しい私に今出会うの

 

ノスタルジア

ノスタルジア

 

こんばんは。ご無沙汰していますが、一応生きてます。

 

読んでくださっている方はご存知の通り「このブログではあまり明るい話を書けていません」とかいつもよく前置きして、グダグダ言っています。

 

 

 

 

ブログを放置していた1か月間ほど、書きたい話はかなりいろいろあったはずなのですが、なんとなくブログから遠ざかってしまっていました。

そのせいか、タイピングしていてもさっきから書きたいことがうまく言葉に落とせないというか、いつも以上にぎこちない、もどかしい気がしています。

それは、考えがうまくまとまらなかったというのもあるし、最近はとてもめまぐるしい日々を送っていて、物理的に時間が取れなかったというのもありました。でもこうやって言葉にしようとしているだけで、気休めではありますが落ち着くし、やはり発散できている気がします。

 

 

 

前置きはこのくらいにして、10月に入ってしまいました。

 

 

10月に入って「しまいました」って言い方は、まるで、2017年の10月がきたことが良くないことであるような言い方ですが、10月に嫌なイベントがあるとか、具体的な理由は特にありません。ただ、入って「しまいました」と思っていることは事実なので、私の中でなんとなく後ろめたい気持ちがあるのでしょう。

 

独身のまま月日が流れているから焦っている、という理由だけではない気がします。

モヤモヤした気持ちのまま、人生がうまくいっていないと感じながら、月日だけが流れて行ってしまうことに漠然とした焦りを感じているので(ここ数か月間。)こういう言い方になってしまうのだろうなと。

 

実は私にとって大きな試験が夏の終わりにありました。自分なりに時間を割いてきたのもあって今年一番の挑戦だった気がするのですが、失敗してしまいました。

合格したら転職と引っ越しをしようと思っていたので、いったん振り出しに戻ってしまったなというのもあります。もちろん、また次の機会に挑戦したらいいのですが。何も得てないまま月日だけが流れているという後ろめたさがあって。

 

 

「人間万事塞翁が馬」っていう諺がありますが、何がよくて何が悪かったかなんて、結局はわからないと思う。

だから、別にその試験に合格したから成功ってわけでもない、それで人生全部うまくいくってわけでもないし、彼氏ができたから、結婚したからそれでハッピーエンドってわけではないと本当にそう思っています。

 

それなら今の恋愛に一喜一憂する意味もないじゃないですか。

悪いことが続いたからといって、それに惑わされずに毎日楽しんだらいいだけっていうのもわかってるんですけど、感情と理論がうまいこと繋がっていかないときがあります。

 

何をしてても、撮った写真ひとつでも「これ、好きな人に見せたいなあ」と無意識に思っている自分に気が付いて悲しくなりました。もう会えるかどうかもわからないのに。もう二度と会うことはないかもしれないのに。

 

 

 

私が思うに、好きって思う気持ち自体はたぶん何年たっても変わりません。

そこに「風化」があるだけだと思っています。

 

実際、一番直近で好きな人に会った日よりは今のほうが、その人のことは忘れています。

人の記憶は薄れていくものだから、やはり日常的にその人と会っていたときよりは、会わなくなったときのほうが気持ちが薄れやすいですよね。

いろんなことがある日常の中で、新しく「好き」という気持ちに日々触れ合わないまま、思い出だけで生きることは基本的には難しいので。

恋愛は、二度と会わない人とは進展することができないわけだし、その人が目の前から「気持ちが変わった」という理由でいなくなったら、新しいことに目を向けざるをえないのが普通ですよね。

 

でも、自分の気持ちとしては、時がたってその人のことを忘れても「好きじゃなくなった」わけではない。その人と離れていく運命だっただけであって。

なんというか、「この人のこと好きだ、どうしよう」って一瞬で思ったくらいには、最初からなにか感じるものがありました。

向こうがどう思ったかはともかく、相性がいいかどうかはともかく、「好き」という気持ちはずっと変わらない相手だという気がします。その人と出会ってからもうすぐ1年になるし、もう無いんだろうなって思って冷静になってからも、ここまで思う人は人生で3人目…かな。相当好きだったと思います。

 

 

打算的な気持ちもなにもなくて、ただその人に会いたくて、会ったらじわじわくる幸せが止まらなくて、今まで行動し続けてきました。

もしかしたら、もっと私のことを好きで好きで仕方ない相手と一緒にいたほうが幸せなのかも。なのにこの人と離れたくないと思ってしまう葛藤に苦しんだ。

 

 

でもそろそろ潮時だと思っているので、無理にほかに人に目を向けようとはしています。実は今マッチングアプリに登録する準備をしていて、知人に合コンのセッティングもお願いしました。

別に進んでやりたいわけでは決してないです。でも、気乗りしないことも次々やっていきたい。やってどうしても無理だったらやめたらいいし。

こうやって、もがいたり、別のことに一生懸命になったり、やっぱり無理に出会い探ししても余計にメンタル面が悪くなるわと思ったり、恋愛なんかもうしないと思ったり、そういうことが起きていくんだと思います。これから。そのなかには、予想外の展開もあるのかもしれません。ないかもしれません。

どんづまりなら、そうやってむやみやたらに動いて自分を苦しめないほうがいいかもしれない。どっちがいいのかも、正直よくわかりません。

 

 

でも、そうしないと前には進めないことだけは事実なんだろうなと。