b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

恋の味を味わった2017年のこと。

恋の味を痛烈に味わいたいならば、

それは片思いか失恋する以外にないだろう。

 

文芸評論家の亀井勝一郎さんという方のお言葉だそうです。

 

痛烈に。

この単語がまさに適切だと思いますが、片思いや失恋には人を想うことの美しさ、報われなさと残酷さ、それから人が味わうすべての感情が含まれていて、恋愛の味を見事に味わい尽くすことができるのは、両想いの恋よりも片思いや失恋といった切ない状況であると思う。(別に両想いの人に対してひがんでるわけではありませんw)

 

 

私は、これは幸せなことではないとずっと思っていたんですけれど、

甘さも苦しさも、全部含めて今年は痛烈に味わってしまいました。これは正直、完全に予想外の出来事でした。

幸せなことではない、と私はさっき言ったけど、これはこれで必要な経験であったということを感じられる出来事だったのではないかな、と思っています。

 

 

ある人が言っていました。「愛する人との別れは世の定めだけど、出会いには意味があるから、その人と出会えた意味を考え、それに感謝しましょう」と。

気休めではなく、出会ったことに意味があったっていうのは確かにそうだなと。

私の場合は彼に出会ったことで変わったことはたくさんありました。

本当に、自分が変わったとは思います。出会っていなければ、今これはやっていなかったんじゃないかなと思うこともあります。

 

そういう意味では、今こうなったのはその人のおかげだと思うので、きっかけをくれてありがとう。と思っています。

彼に出会って味わった感情は、必ずしも前向きなものばかりではありませんでした。辛いこともありました。

 

 

今、恋愛で悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

でも、なんでも前述のとおり「その人と自分の間に起きたことについては無駄ではなかったし、意味がある」ということは間違いないんだろうなと私は思っています。

私の場合は、彼に出会ったことによってこういうことを頑張ろうとか、こういう世界があるなら私もやってみたいと新たな好奇心が生まれたり、もっといい自分になろうと今までになく努力をし始めました。

 

本当に彼が「いなくなったら」こんな努力しても意味ないやと自暴自棄になる可能性がゼロではありません。

でも、一時的にそうなっても、きっと始めたことは元通り続けている気はしています。もし、どうしようもないくらいに落ち込み、何もできなくなったとしても、それまでに使った時間は無駄ではなかったはずです。新たな世界を知れたわけなので。

きっと何かの糧にはなるはずです。

 

 

恋愛で苦しいと思っている人がいたら少しでも気休めになってくれたらなと。

 

 

 

今日も街を歩いていて幸せそうなカップルがいて、いいなあと思いました。

でも、はたと思った。「もしかしてこの人たちも本当は恋人じゃなくて、かりそめの関係の可能性もあるんだよな。もしかしたら不倫している2人かもしれないし」と。(たぶん普通に付き合ってる2人だとは思いますけどww)

 

以前、彼の大きな傘に入って一緒に帰ったときも、傍から見たら私たちは普通のカップルに見えたかもしれないなと。すごく幸せそうに見えただろうなと。

本当は私たちは付き合っているわけではないんだけど、周りからの視点で考えたら「いいねえ」と思われたことはあったかもしれません。

だから私が今日うらやましいなと思ったカップルに対しても、隣の芝生は青く見えるだけであって、何かあるのかもしれませんし、ないかもしれませんけど過去に恋の痛烈な味を味わってきている人たちかもしれません。

 

 

しかし、「痛烈な恋愛」といえば、小説みたいな第三者の視点で見れば美しかったり甘美なものかもしれないけど、実際に現実それを味わっている当事者の自分はめっちゃつらくて情緒不安定にもなるししんどいし、人生つらいんですけどw

て思っている人もいると思う。というか私がそうでした。

 

私の知っている人で、恋愛相談ならこの人にぜひしたいと思う人がいるのですが、最近ありがたいことに私の話をきいてくださって、こんなアドバイスをしていらっしゃいました。

「彼と会ったり話したり触れたりしたとき、ドーパミンがめちゃくちゃ出るけど、満たされなくなった時は逆にものすごくつらくなって麻薬中毒者の禁断症状みたいになってしまう。相手が生身の人間だから、どうしても傷ついてしまい、精神的によくない。」と。その通り。

 

じゃあどうすればいいかというとその満たされなさを恋愛に使うのではなく、仕事でそういう刺激を味わっていけばいい。仕事ならばどんどん探求していけるし、人の感情を相手にする恋愛ではなく、仕事の方面で欲求を満たしなさいとのことだった。

 

確かに恋の味にどっぷり漬かっていた私には適切な助言でした。

 

 

目抜き通り

目抜き通り

  • アーティスト: 椎名林檎& トータス松本
  • 出版社/メーカー: Universal Music LLC
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

GINZA SIXの曲として有名になったこの曲ご存じですか?

椎名林檎さんとトータス松本さんの共演という意味でも素晴らしい作品だと思いますが、私はこの曲の歌詞がとても好きでして。

つらい仕事にご褒美がないときも

惚れた人が選んでくれないときも

 

不幸だった訳がわかっている

今は損しただなんてまるでおもわない

 

辛い仕事にご褒美がないことも、惚れた人が選んでくれないことも、私だけではなくて世の中でよく起きている出来事なのだと思います。

人によっては重たい歌詞が続くという解釈になるのでしょうが、私の個人的な解釈としては「そうやって辛いことがいろいろあるけど、それでも人生は限りあるから十分かみしめて味わっていこうよ、楽しもうよ」っていうことではないかしらと。

 

年末まではじっくり今年できなかったことを考えて一つ一つやっていき、それから時々は痛烈な恋に思いを馳せながらも、前に進んでいきたいと思います。