b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

2017年の振り返りと2018年の目標。

もうあと数時間で2017年が終わりますね。

 

今年、ブログを読んでくださった方、本当にありがとうございました。

数年前から細々と続けていますが、これからもまたいろいろと綴っていきたいと思います。

 

 

簡単ですが、私にとって2017年はこんな年でした。

 

 

1.恋をした。それに関する思い出がとても多い年だった。

2.大きな試験にチャレンジした。ダメだったけど知識が増えたしいい経験になった。

3.前半、一時期仕事が激務になりチームのメンバーがガラッと変わった。今の職場が大嫌いだったが、なんとか落ち着いた

4.習い事など、少しずつ新しいチャレンジをし始めた。

5.メイクのテクニックが格段に上がった。

6.一人でいろんなところに行ったりした。

7.2016年は全体的に人と会うのを避ける傾向があったけど、2017年は以前からいた友達との仲が深まった。

8.いろんなひとと楽しくお酒が飲めた。

9.体調不良などもあったけどなんとか健康で1年過ごせた。

10.これまでの人生の中でもっとも思い出に残る1年になった。精神的に辛い1年になったけど、経験を積めたことに感謝したい。

 

私の1年を漢字で表すと「動」かなと思います。2016年の私が想像だにしなかったことがいろいろと起こったし、自分からも行動を起こしたことが多くありました。

 

得てしてそういうものですが、何か成し遂げたいと思いながら行動しても、なんでもかんでも思った通りの結果が出るとわけにはいかないですよね。

 

 

けれど、内心は「これだけやったのに」とかそういう落胆が生じてしまうのはやはりどこかに期待があるからでしょう。

それは仕方がないことだと思う。

なかなかうまくいかないものだという思いでグッとこらえることも重要と思うし、いい意味で諦めは必要だと学びました。

 

最近あらためて実感する機会があったのですが、同じ努力をしていても、うまくいく人となかなかうまくいかない人が存在することは事実だと思います。

 

もちろん、同じ努力と思っていても実は見えないところでその人がたくさんの努力をしているかもしれないというのもありますが、明らかに不平等だとか不公平だとか思ってしまうようなことが起こることは多々あるのも事実です。

 

でも、そういうもん なのでしょうね。

 

 

人が自分より明らかに得しているような気がしても、あくまでもそこには焦点を合わせないで、自分のことを見て生きるというのは重要だと思いました。

 

他人の芝生が青いのは仕方がないし、それを見て悲しくなっても仕方がありません。

他人のことが羨ましくなっても自分がその人の人生を生きることはないので、自分のことに時間を使おうと思った年末でした。

 

 

 

来年の目標は、

 

1.自分に合う(自分にふさわしい)相手とお付き合いして結婚する。

 

2.女性としての自分磨きを継続する。

 

3.細くてもいいから、趣味や勉強など始めたことについては長く挑戦を続ける。あきらめない。

 

4.毎日丁寧に生きる。人と接していて心地よいと思われるコミュニケーションを目指す。

 

5.健康な身体を維持する。

 

 

以上。簡単ですが。

 

今年は涙をたくさん流しましたが、今年

最後くらい、自分なりに1年よく頑張った!といって自分を労いたいと思います。

 

 

 

皆さんも良いお年をお迎えください。