b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

超受け身人間のもやもや。

こんにちは、やよいです。

1か月ちょっと恋愛休止期間的なものをとっていましたが、期間中で二度、ひどく悪い波が来たことがありました。

きっと、タイミングが悪かったのだと思う。

 

 

 

1回目は、学生時代の友人たちが私のところに遊びにきてくれたとき、だった。

中には久しぶりの子もいたのだけど、みんな既婚者だったり婚約してたりして、旦那さんや彼氏さんも同伴で来てくれたりするので、純粋にうれしい気持ちはあった。

そのときは休止期間に入って割とすぐで、「私は平気なんだから大丈夫だよね」って意地になってたところもあるかも。

もちろん、みんなの近況を聞いて私が勝手に傷つきそうな報告があることは、なんとなく行く前からわかってた。でも、行かないのは卑屈になってるみたいでとても恥ずかしいし、それはそれで自分がみじめだし。

 

案の定、2人が妊娠の報告をしてくれて、ほかのカップルも順調で幸せそうだった。報告してくれた友人たちからすれば、当然ながら「親しい人」だと思っているから自分の重要なニュースや喜ばしい報告をしてくれたまでだろうし、私がそれで勝手にドロッとした気持ちを抱えてるのは、本当に子供みたいで恥ずかしいと思う。

 

友達が妊娠しようと、結婚しようと、そんなの人は人だし自分は自分。

 

そう思ったばっかりだったじゃない?

 

 

 

友人たちは私の出会い探しをしていることを知っていたから一応近況を聞いてくれるので、一応私は笑いを取りながら話をした。でも、これも内心結構キツかった。

友人のことを困らせたくないし嫌な空気にはしたくないから、一生懸命出会い探しの失敗談を笑い話に変えようとして、自分なりに笑いを取って話したので、みんな「面白かったー」とか言ってくれた。でも、さらにせつなくて。私なにやってるんだろ、なにをこんなに頑張ってるんだろ、って。

 

※友達にしたら、何も聞かないのもかえって変だし、かといって聞いたら内心傷ついてなんて、じゃあどうしたらいいのよ!こっちも気を使って言ってるんだけど!って感じなのは100も承知です。ごめん。笑 

 

 

2回目も同じく友人の話なんだけど、休止期間の終わりのころ、大学の友人(今は少し遠方に住んでる)のUちゃんからLINEで連絡が来て「実は私、結婚することが急に決まったからやよいちゃんにも結婚式に来てほしくて。来てくれるよね?」ということだった。

 

適齢期なのでよくある報告だし、とりたててそれで心がざわざわすることでもないのだけど、Uちゃんの場合はちょっと違った。

この子は、私の知る限り去年まで誰とも付き合ったことがなくて、少なくとも1年前、最後に会ったときまで彼氏がいなかったことは知っていたんです。Uちゃんはまじめだし家庭的で基本的にはとてもいい子だけど、かなりネガティブなところがあって現実的過ぎて、私とは合わないと思うところがいくつかあった。Uちゃんは私のことを長いこと慕ってくれていたんだけど、私は遊んだりしているうちに、内心あまり付き合いたくないと思うようになった。

それは置いといて、もうひとつ、(私もそうだから人のこと言えないけど)この子も結婚はまだ先かも…と思う子の一人だったので正直、かなり焦ったというのはある。

しかもUちゃん、私のことを本当に大事な友達だと思ってくれてるなら、結婚の報告の前に彼氏できたこと話したらいいのに、と、わけわかんない場所で違和感を感じたりもして。

 

だからといって、基本的に友人の結婚式の誘いを断ることは去年まではしたことがなかったけど、私はUちゃんの結婚式の参加を断ってしまった。

今年の5月に、すでにかなり薄い関係の子の結婚式を断ったことで開き直ったのかもしれないけど、そのときから「この子のために3万円出したい」とか、心から応援したいと思う人以外は断ることにしたので、結構仲がよかったのに断ってしまった。ほかの友達は、私のことを薄情なやつだと思ったかもしれない。

 

確かにUちゃんは、「これからも関係を続けたいほど好きな友達ではない」という理由で結婚式に行くのに気が進まなかったというのもある。でも、言い訳をするまでもなく、この気持ちの中には「今、自分が行き詰っているから」という要素が入っているのは間違いない。私がもし今婚約中で絶好調なら、Uちゃんの結婚式に行ってたかもしれないと思う。汚い心が見え隠れするけど、本当に正直なところを言うとそれは絶対にある。

 

 

1回目も2回目も、帰ってから一人で久しぶりに泣いた。どうしても、心のもやもやをどこかでまだ抱えながら抑えてる自分もいて、その悪いものが自分のなかであふれて、意味もなく涙が止まらなかった。

大人げなく、私はたまに声を出してぼろぼろ泣いてしまう。

 

 

 

恋愛休止期間も順調にいってたし、それをやめるつもりはなかった。

だけど、どうしても「どこかに置いてきた」はずの気持ちを勝手に一人で思い出して、勝手に一人でつらくなってしまって、だから勝手に一人で泣いた。

 

 

こんなの、世の中では本当によくあること。アラサーあるあるじゃない?

そう言い聞かせるけど、やはり引っかかっているのは、いいと思っていた人から既読無視されていたことだった。このことだって、本当に男女間では、ありふれすぎているくらい本当によくあることだと思う。

 

予測していた通り、どれだけ待っても連絡は来ないし、私も本当に強がりとかそういうの抜きで、結構ふっきれた気持ちもあった。だけど「無視で関係が終わる」ということが思いのほかこたえていたので、上記の2件のことがあってから、一応自分なりに考えることだけはしてみた。

 

 

そもそも、私と連絡を取りたくなくなった理由

A 最後に会った日、私に急に幻滅する何かがあって急速に冷めた。

B 悪くはないと思ってたけど、ほかにもっといい人や好きな人や彼女ができた。

C 実は今までのことは全部嘘で、ネットワークビジネスか宗教の勧誘だった。

 

私はAだと思っている。好きな人や彼女できたなら最後に面倒な面会なんかしなくていいし、どうせ既読スルーできる性格なら会った後じゃなくて会う前にすればいいわけだから。

本当は、明らかに相手がモテる人だったし、すごく私のことを褒めてくれるから最初はCじゃないかとずっと思って警戒心があった。けど…たぶんだけど、違う。

 

 

じゃあ、はっきり断らない理由は?というと、それもケースバイケースですよね。

ただ単にFOの主義の人なのかもしれないし、面倒ごとを避けたいからそのためには無視が一番だと思っているのかもしれない。

それとも、よっぽど引くようなことがあったか、今さら「好意的な気持ちはなくなりました」なんて態度変わりすぎだから言いづらいor言わないことが優しさだという考えかもしれない。

はたまた、たまにいるけど、イエスともノーとも言わないことで、形式的には関係を保留にできるので、気が向いたら連絡できる可能性を残してるのかも。

 

考えたってわかることじゃない。 

いや、私だってフェードアウトされたこともブロックされたこともあるし、したこともある。それは出会いの場ではよくあることだから、それが嫌で引きずってる訳じゃない。嫌なら嫌でいい。人間だから、もちろん気が変わることも急速に冷めることもある。仕方ない。

じゃあ何がもやもやするのかって、今まで一貫して丁寧で誠実っぽい対応をとってきた人だからこそっていうのがとてもショックだった。私が前にお断り的なことをした過去があるからこそ、相手も同じように正直に言ってくれるんじゃないかと勝手に期待してた。もちろん「自分がそうしたから相手にも同じようにしてほしい」なんてのはただの押し付けだし、自己中心的な考えだけど。

無視するほうも、心を鬼にして無視しているかもしれないのもわかる。

 

 

最後会う日の約束してから前より連絡頻度が明らかに落ちた。その時点でなんかもう冷めてるんだな、とは思っていた。

普通なら彼女ができた、という線ももちろん考えられるところだけど、転勤あるかもという発言から、いい人がいたとしても、どっちにしろ付き合いたいとは思わない気もする。

まあ、理由はどうあれその日に会ってすぐにやっぱり私を切るって決めたなら、どうしてその日もなお、思わせぶりなこと言うの?どうして無駄に誘うようなことを言ったり、私のことをほめてくれたり、次もあるようなこと言ったの?っていう疑問もあったりで。

  

本当は、私そんなにいい子じゃない。「わかった」って一応納得してるけど、本当の本当は、無視しやがってちきしょう、くらいは思ってる。

服の袖をつまんで引っ張ってぐるぐる振り回しながら、ぱしぱし叩いて、ばかやろーーー!!!!!!って言ってやりたいくらいだった。

 

 

そんな感じです。とりあえず、もやもやは。