b i t t e r s w e e t

人生は b i t t e r s w e e t

婚活を一旦放棄したい。

唐突ですが、婚活というか出会い探し活動?的なものを、しばらくやめようかな、と思っています。


 
 
お見合いパーティーやマッチングアプリで3か月ほど活動し、彼氏ができたものの爆速で終結し、かすかに傷を残しながらも今までなんとなーく、やめるでもやめないでもなく、あまり深く考えないようにして出会い探しをしてきました。
 
 
でも、やはり気落ちすることが多くて。
 
  
 
好きな人を探して付き合うのってこんなに難しかったっけ?と、お見合いパーティーに行けば行くほど思う。どうしてこんなに疲れてまで、出会いを探さなくちゃいけないんだろう、私いったい何してるんだろう、貴重な時間をこんな風に使って虚しくないの?という風にも何度も思った。
 
 
 
実は最近友達に誘われて、自治体が主催するお見合いパーティーに行ったのですが、今まで行ったどのパーティーよりも、正直結構つらいものでした。
いつもながら女子は普通の子ばかりだったのに、大変失礼ながら、男性メンバー、パッと見ただけで、お、おお…と思うような感じの人が今まで参加したどのパーティーよりも多かった。容姿がモテなさそうとか、そういうレベルじゃないんです。なんというか、うん。
 
脱線するけど、個人的に、今まで行った中ではシャンクレールのパーティーが一番楽しかった。メンバーの運はもちろんあると思うけど。お付き合いを考えられるかどうか、容姿がタイプじゃない云々は置いといて、普通の人も空気読める人も多かったので会話は嫌ではなかった。
 
でも今回のパーティーで、やっぱりもう行きたくないや…という気持ちがより一層強まった。5回ほど参加して思ったけど、お見合いパーティーはやっぱり私には合ってないかもしれない。回転寿司式だと短い時間しか話さないのでいいんだけど、partypartyみたいに7~10分くらい話をさせられるのは、苦手な相手だと、結構つらいです。
 
前にも何度か同じことを書いているけど、タイプでないだけならともかく、お、おお…って感じの人がパーティーにいる確率は、低くはない。向こうも当たり障りない話をしてくれたら全然我慢できるんだけど、そうでもないこともある。
そういう人に限って、これでもか、っていうほどガツガツきたり押してきたりして。それを流せたらいいのに、押し方が露骨だと嫌悪感を持つだけでなく、疲れるばかりで。
 
ただ、この人ちょっと…と思っても、フリータイムなんかで長く話すと、あ、この人っていい人なんだな、と思ったりすることも意外とあるのはある。だからといって「恋愛対象」に変わることは少ないんだけどさ。
 
 
 
あともうひとつ気になることがあって、これも何度か書きましたが、好きなタイプの人に見向きもされなくて、逆に対象外の人からはかなり好かれることが多いんです。「またか…」ってなる。
オミパでも、それが傷ついたりする。
実際、今までオミパで、私がいいなカード的なものを送った相手から返ってきたことがあまりない。そもそも送ってないことも多いけど。笑
 
今回も、唯一普通だしこの人なら対象に入るかもしれないと思った相手が一人だけいたのですが、その人とはカップリングしませんでした。その人のことがすごくいいと思ったわけじゃないからそれでよかった気もするけど、複雑だった。
私は対象外と思われたのだろうし、キモかったのかな、生理的に無理って思われる何かがあるのか?などと余計に悶々とするのです。
自治体のオミパでは最後に紙をもらえて、フィードバックみたいなのがあるのだけど、全体の70%が最終投票で私の番号を書いてくれたらしいと書いてあった。とても有り難いことなのに、嬉しくなかった。
大変失礼なことを書くけど、恋愛対象ではないと思った人から好かれても、コミュニケーションができてなかったんだな、と思って、嬉しいどころか落ち込んでしまう。
 
さらに、主催の方が全体の雰囲気をよく見ていて、最後に男女にどうでした?的な声かけがあって、一言アドバイスみたいなのがもらえた。
そのときに面白かったのが「今回は残念でしたけど、多くの方から気に入られてましたよ!やよいさんは見た目がとっても可愛いじゃないですか、だからまた参加してください!」的なフォローをしてくれた。
 
が、「それは喜んでいいのでしょうか。」的な複雑な表情をしていた私←空気読め。を見て、その方がこう言った。
 
なんか…すごいわかります。やよいさんって見た目がアイドル系というか、だからオタク系の人から好かれやすいんでしょうね。でも、オタク系の人は真面目だし出世しますよ!」とww
 
 
要するに「典型的なモテる人からは好かれる器じゃないから、おまえはとっとと高望みをやめろ、キモいと思っても我慢して、タイプじゃない人と結婚しろ」って暗に言われてるのかしら。(※容姿の好みとかは置いといて、別に私はオタクの人が嫌なわけではなく、この文脈でいう「コミュニケーションが苦手でインドア派」っぽいな人が自分と合わないと思ってるし、はっきり言ってタイプではない。でもオタクでも明るくて自分と波長が合う人ならいいし、オタク批判してるわけではないです。)
 
でも、好きじゃない人と結婚するなら私一生ひとりでいる。
もう結婚なんかできなくていいわ。
 
 
その方は単に「そういう層に好かれやすいと思うけど、その人たちがタイプじゃなくても、中にはあなたに合う人もきっといるから、頑張りましょう!」って意味で言ってるのだろうけど、かなりひねくれてる今の私なので、今は恋愛方面に足を踏み入れると地雷を踏む気がしてる。
 
 
 
少なくとも、私は他の人と普通にコミュニケーションを取れるくらいの標準的な部分はできてるという自信があったのに、そうじゃないのかも、と思って。何度も何度も同じ壁に当たっていますが。笑
お見合いパーティーに来る男性は、そこすら難しい人が女性より圧倒的に多い、というのが私の感想です。
 
 
…という、今回のようなことを経て、HPが激しくすり減るので、やっぱりあまりお見合いパーティーに行きたくない…と思うようになりました。
それに、先ほども言った「自分の好きな人からは好かれず、好きじゃない人から猛烈に好かれる」問題の根本的な解決ができないうちは、何回パーティに言っても同じことかな、って。
 
 
だから、婚活というか出会い探し活動は2ヶ月くらい休んで、自分をどう変えていきたいか考えた上で、自分磨きに取り組みたいと思います。婚活云々関係なく、自分の理想に対して努力できていないし、自分の持ち味をどう魅せていけるかというのを考えながら、趣味や仕事を頑張りたいと思う。リアルのコミュニティでの付き合いも楽しんで。
まず、今はそこからかな。
 
このままだと疲れるだけだし、精神的にも今だいぶんダメージがきてるので。
もちろん合コンとか友達の誘いとか、来るものは拒まないけど。笑
 
 
 
 
それにしても、やはり自分の所属しているコミュニティで自然な出会いを探すのが一番いいと、痛感しています。趣味や大学時代の友達との飲み会に行ったりすると、つくづくそう思う。もっとも、そこにいる男性でいい人がいても、その人とうまくいくかは別ですが。
やっぱり私は友達として出会ってから付き合いたいかも。
 
 
ちなみに、オミパでは「いいな」と思う人はほとんどいなかったけど、マッチングアプリでは、リアルで出会ってもこの人なら魅力的だなと思う人は、結構いました。これも付き合えるかどうかは別ですが。
ただ、マッチングアプリには問題点も多いと思っていて。これはまた後日書きます。
 
 
 
 
 
 
 
仕事の超ド繁忙期にこんな日記を書いているのは現実逃避したいからだ、きっと。
1日代休取ってお花見に行きたい!自分の好きなだけ好きなことしたい!あーもう。。
 
 
今から仕事に行ってきます。